動くサイトを 作るときの注意点

動くサイトを 作るときの注意点■
【派手な動きを入れすぎると、サイトの表示が重くなる!】

「動きのあるサイトを 自社で作るときに
頭に叩き込んでください」

と、WEBの講師が
教えてくれました。

僕の先生、です。

「Webデザインをする上でも、
ブラウザとレンダリングの基本は、
知っておいたほうが、よい」

そして 個人で、
「会社でサイト作る側」に回ろうとしている
あなたにとって、

「動く(って、ことだから、大抵重い!)
WEBサイトを作る際に
必要な視点になるからです」

「サイトを読み込むプロセス」の
大枠を意識するお話として、

「頭に入れて」おきたいものなんです。

「どんなブラウザでも!できるだけ、
滑らかなアニメーションを実現する」

どうしてもこの視点が
作る側に、欠けがち。

当たり前のことになるお話だけれど、

派手な動きを入れすぎると、
表示が重くなる可能性があります。

サイトの表示速度を上げるためにも、
とても重要な視点です。

「Webデザインをする上でも、
ブラウザと表示(レンダリング)の基本は、
僕も知っておいたほうがよさげだ」

と思いたち、色々自分で調べてみたんです。

すると、コレは「レンダリング・プロセス」と
呼ばれており、

WEBサイト制作における、

サイトスピードを上げる
「サイト爆速化」と呼ばれたりする

お話に、僕の実体験につなげられました。

僕の場合は、過去にワードプレスの
サイト代行の案件を実際にこなす際に、

この知識は使えたんですね。

「ブラウザ レンダリング」の話は
構造のお話なので込み入った情報には
なりますが、

コレって、
「動きのあるWEBサイトを作る」
大枠の仕組みです。

そういうわけで、WEBデザインでも、
押さえておく必要があります。

「派手な動きを入れすぎると、
サイトの表示が重くなる」

要点をポイントで押さえておくと
よいですね★