【レイアウトにおける視線誘導】ユーザーの視点の流れを作れば、大丈夫。

【レイアウトにおける視線誘導】

「左上から右下に視線は流れる」もの。

視線の動線を考えてくださいね。

ユーザーがWebサイトを見た時の

視線の流れは
無意識なものだけではありません。

ぶっちゃけ、要素をどのように
レイアウトするかによりけり、になります。

しかしながら、それによって

こちらが意図するような見せ方へ
と誘導することができるんです。

Webサイトにおいて、

この考え方は有効ですね。

多くのWebサイトでは、

サイトのロゴが
「最初に目に入るエリア(1.左上)」に

配置されているのではないですか?

※コレは「グーテンベルク・ダイヤグラム」
といいます。

ユーザーの視線は
左上から右下へ流れるもの、
なんです★

「Z型」「F型」、「N型」など
があります。