パクりから入るのは、デザインでも同じです。

【パクりから入るのは、デザインでも同じです】

少林寺拳法などの武道では、
よく言われることです。

ココはWEBデザインでも同じことで、

「師匠の技を盗む」というような
「守・破・離」のマインドの部分が
大事なポイントです。

この点はWEBデザインの「スキル上げ」
そのものに通じるマインドじゃないかと、
僕は考えています。

なので、ご説明させてください。

①対象をひたすらマネる・・・守

②対象のコピーが終わり、
合わないところに手を加える・・・破

③それまでの経験から
「自己流」を確立・・・離

このような考え方は、

イラレ・フォトショ・ドリヴィなどの
PCのスキル系の動画から情報をパクって、

自分の「体の一部」となるよう
情報やテクニックを身につける際にも使えます。

パクる対象を徹底的にコピーする段階が「守」。

それを基に、自分なりのアレンジしたり試行錯誤する段階が「破」。

そして、基本を踏まえながらも状況の応じて自在に応用できるようになった段階が「離」というわけです。

* * *

武道などでは、

「守」の段階で
どれだけしっかり基礎を身につけたかによって
成長の度合いが決まるといいます。

パクリの場合は、最初にどれだけ対象を
しっかりコピーできたかが重要!

ということになるのです。

アレンジも自己流も、すべてマネをした対象の理解が完全に理解
できてこそ。

基礎として身についている要素が
多ければ多いほど、

試行錯誤できる幅は広がります。

自然と引き出しも増えますから、
離の段階に到達した際に
より多くのことに対応できるわけです。

* * *

パクりで成功を手にした方々は、
意識的か無意識的かという違いこそあれ、

全員「守破離」の考え方を実践している
といっても
過言ではないです。

「守破離」は武道やビジネスにとどまらず、
人生そのものの基本とも言えるでしょう。

はじめて耳にしたというあなたは、
これを機にぜひ意識しながら、
WEBのスキル習得に活用してみてください。